○積丹町産業交流雇用対策推進施設設置及び管理に関する条例

平成13年12月21日

条例第25号

(目的)

第1条 この条例は、本町の恵まれた自然資源を活かしたふれあいの場として、町民の健康増進及び都市との交流の促進並びに観光等の振興を図り、地域の活性化に資するため、積丹町産業交流雇用対策推進施設(以下「施設」という。)の設置及び管理に関し、必要な事項を定めることを目的とする。

(名称及び位置)

第2条 施設の名称及び位置は、次のとおりとする。

名称 積丹町産業交流雇用対策推進施設(通称:岬の湯しゃこたん)

位置 積丹郡積丹町大字野塚町212番地1他

2 施設及び位置等は、別表第1のとおりとする。

(職員)

第3条 町長は、施設の管理運営のため、必要な次の職員を置くことができる。

(1) 施設長

(2) 主査

(3) 前2号以外の職員

(行為の制限)

第4条 施設を使用しようとする者(以下「使用者」という。)が、施設において、次の各号に掲げる行為をしようとする場合は、町長の許可を受けなければならない。

(1) 物品の販売、寄付の要請その他これに類する行為をすること。

(2) 業として、写真又は映画を撮影すること。

(3) 興行を行うこと。

(4) 展示会、その他これに類する催しをすること。

(5) 文書、図書、その他印刷物を貼付又は配布すること。

(使用の制限)

第5条 町長は、使用者が次の各号の一に該当する場合は、使用の制限又は停止を命ずることができる。

(1) 公の秩序を乱し、又は善良な風俗を害するおそれがあると認められるとき。

(2) 建物、附属設備、備品又は展示品その他資料を破損若しくは汚損又は滅失するおそれがあると認められるとき。

(3) 公衆浴場法(昭和23年法律第139号)第4条の制限を受けている者と認められるとき。

(4) 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第2号に規定する暴力団及び同条第6号に規定する暴力団員の利益になると認められるとき。

(5) その他管理運営上支障があると認められるとき。

(使用料)

第6条 使用者は、別表第2に定める使用料を納付しなければならない。

2 前項の使用料は、前納しなければならない。ただし、町長が特に認めるときは、この限りでない。

(使用料の減免)

第7条 町長は、次の各号のいずれかに該当すると認めたときは、使用料を免除することができる。

(1) 11月26日に利用するとき。

(2) 町長が、特別の理由があると認めたとき。

2 町長は、次の各号のいずれかに該当すると認めたときは、使用料を減額することができる。ただし、減額後の使用料に10円未満の端数が生じた場合は、切り捨てるものとする。

(1) 町長又は町の行政委員会が主催し、又は共催する事業に利用するとき。

(2) 毎年12月から翌年3月までの各月26日に利用するとき。

(3) 公共交通機関を利用し、入館料と公共交通機関の運賃を合算して行う旅行事業であって協定書等を締結して利用するとき。

(使用料の還付)

第8条 既納の使用料は還付しない。ただし、町長が特に必要と認めるときは、その全部又は一部を還付することができる。

(特別の設備又は特殊物品の搬入)

第9条 使用者が、施設の使用にあたって特別の設備又は特殊物品の搬入を行おうとするときは、あらかじめ町長の許可を受けなければならない。

(損害賠償)

第10条 使用者は、故意又は過失により、施設若しくは備品等を破損若しくは汚損又は滅失したときは、その損害を賠償しなければならない。ただし、町長がやむを得ない事由があると認めるときは、減免することができる。

(委任)

第11条 この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

附 則

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成14年条例第13号)

この条例は、平成14年5月1日から施行する。

附 則(平成14年条例第23号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成15年条例第11号)

この条例は、公布の日から施行する。ただし、別表第1中交流施設の項の規定については、公布の日から起算して3月を超えない範囲内において規則で定める日から施行する。

(平成15年規則第11号で平成15年8月30日から施行)

附 則(平成16年条例第11号)

この条例は、平成16年9月1日から施行する。

附 則(平成18年条例第23号)

(施行期日)

1 この条例は、公布の日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の際、現にこの条例による改正前の積丹町産業交流雇用対策推進施設設置及び管理に関する条例(以下「改正前条例」という。)第10条第1項の規定により管理を委託している物産品販売施設については、改正前条例第2条及び第10条から第12条までの規定は、平成18年9月1日までの間は、なおその効力を有する。

附 則(平成18年条例第30号)

この条例は、平成19年1月1日から施行する。

附 則(平成19年条例第4号)

この条例は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成20年条例第22号)

(施行期日)

1 この条例は、平成20年11月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行前に使用料を納付した回数券については、当分の間その効力を有する。

附 則(平成23年条例第7号)

この条例は、平成23年9月1日から施行する。

附 則(平成26年条例第1号)

(施行期日)

1 この条例は平成26年4月1日から施行する。

(経過措置)

4 施行日前に使用料を納付した回数券については、第3条の規定による積丹町産業交流雇用対策推進施設設置及び管理に関する条例別表第2にかかわらず、なお当分の間その効力を有する。

附 則(平成27年条例第16号)

この条例は、平成27年10月1日から施行する。

附 則(令和2年条例第2号)

(施行期日)

1 この条例は、令和2年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行前に第4条の規定による改正前の積丹町産業交流雇用対策推進施設設置及び管理に関する条例第6条の規定により使用料を納付した回数券については、この条例の施行後も、当分の間その効力を有する。

別表第1(第2条関係)

主要施設

位置

主体施設 1棟 1,837.46m2

積丹郡積丹町大字野塚町212番地1

  同  所     212番地2

  同  所     212番地4

  同  所     212番地5

  同  所     212番地8

  同  所字ウエント229番地3

  同  所     1265番地

交流施設 1棟 181.89m2

  同  所字ウエント229番地3

  同  所     346番地2

温泉水処理施設 1棟 72.57m2

  同  所     212番地3

  同  所     212番地4

引湯施設 1棟 16.82m2 

  同  所字ウエント229番地3

駐車場 6,698.7m2

  同  所字ウエント229番地3

  同  所字ウエント229番地1

別表第2(第6条関係)

産業交流雇用対策推進施設使用料

使用の区分

使用の単位

使用料

摘要

1 4月1日から10月31日まで

入館料

個人

大人

1人1回につき

620円

1 入館料は、入浴を伴うものに限る。

2 大人とは、中学生以上とする。

3 小人とは、小学生とする。

4 小学生就学前乳幼児は、無料とする。ただし、保護者同伴とする。

5 団体とは、1回の利用が15名以上の団体をいう。

小人

1人1回につき

320円

団体

大人

1人1回につき

520円

小人

1人1回につき

270円

回数券

大人

12回券

6,200円

6回券

3,500円

小人

12回券

3,200円

6回券

1,800円

2 11月1日から3月31日まで

入館料

個人

大人

1人1回につき

620円

小人

1人1回につき

270円

団体

大人

1人1回につき

340円

小人

1人1回につき

130円

回数券

大人

12回券

4,200円

小人

12回券

1,600円

積丹町産業交流雇用対策推進施設設置及び管理に関する条例

平成13年12月21日 条例第25号

(令和2年4月1日施行)

体系情報
第9編 産業経済/第3章 商工・観光
沿革情報
平成13年12月21日 条例第25号
平成14年4月30日 条例第13号
平成14年9月30日 条例第23号
平成15年7月11日 条例第11号
平成16年9月1日 条例第11号
平成18年7月14日 条例第23号
平成18年12月26日 条例第30号
平成19年2月20日 条例第4号
平成20年10月8日 条例第22号
平成23年8月26日 条例第7号
平成26年2月19日 条例第1号
平成27年9月29日 条例第16号
令和2年2月26日 条例第2号