○蘭越町再生可能エネルギー推進協議会条例

平成28年5月18日

条例第16号

(趣旨)

第1条 この条例は、農林漁業の健全な発展と調和のとれた再生可能エネルギー電気の発電の促進に関する法律(平成25年法律第81号。以下「法」という。)第6条第1項に規定する協議会の設置及び運営に関し必要な事項を定める。

(名称)

第2条 協議会は、蘭越町再生可能エネルギー推進協議会(以下「協議会」という。)と称する。

(任務)

第3条 協議会は、法第5条第1項に規定する農林漁業の健全な発展と調和のとれた再生可能エネルギー電気の発電の促進による農山漁村の活性化に関する基本的な計画の作成及びその実施に関し必要な事項について協議する。

(構成)

第4条 協議会は、次の各号に掲げる委員をもつて構成し、町長が委嘱する。

(1) 蘭越町

(2) 再生可能エネルギー発電設備の整備を行おうとする者

(3) 農林漁業者

(4) 農林漁業団体

(5) 関係住民

(6) 学識経験者

(7) その他町長が必要と認める者

2 協議会は、前条に規定する協議を行うため、必要に応じて、専門的に検討する組織を設けることができる。

(会議)

第5条 協議会の会議は、委員長が招集し、会議の議長を務める。

2 会議は、委員の半数以上の出席がなければ、開くことができない。

3 委員は、やむを得ない事情により会議に出席できないときは、代理者を出席させることができる。

4 前項の代理者は、委員とみなす。

5 会議の議事は、出席した委員の過半数で決し、可否同数のときは、議長の決するところによる。

(その他)

第6条 この条例に定めるもののほか、協議会の運営に関し必要な事項は、法第6条第4項の規定により、協議会が定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、公布の日から施行する。

(会議招集の特例)

2 第5条第1項の規定にかかわらず、この条例の施行の日以後、最初の協議会は、町長が招集する。

蘭越町再生可能エネルギー推進協議会条例

平成28年5月18日 条例第16号

(平成28年5月18日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 長/第11節 附属機関等
沿革情報
平成28年5月18日 条例第16号