○蘭越町職員の勤務時間に関する規程

蘭越町職員の勤務時間に関する規程(昭和57年蘭越町訓令第1号)の全部を改正する。

(趣旨)

第1条 この訓令は、蘭越町職員の勤務時間及び休暇等に関する規則(平成14年蘭越町規則第4号。以下「規則」という。)第2条第3項の規定に基づき、職員の勤務時間の割振り変更について、必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この訓令で規定する「勤務時間のスライド」とは、夜間又は早朝に業務・事務が行われる職場において、公務の能率的な運営と職員の健康管理の適正を図るため、規則第2条第1項及び第2項の勤務時間(以下この訓令において「正規の勤務時間」という。)の割振りを変更して勤務することをいう。

(対象)

第3条 勤務時間のスライドの対象となる業務・事務は、次の各号に掲げる業務・事務で、任命権者の認めるものとする。

(1) 住民説明会、スポーツ教室、税の滞納徴収等の夜間業務・事務

(2) 交通安全啓発運動、各種検診等の早朝業務・事務

(3) 保育所、幽泉閣及び雪秩父の業務

(4) その他特に必要と認められるもの

(勤務時間のスライド等)

第4条 勤務時間のスライドは、原則として、別表1に掲げる勤務パターンのうちから選択するものとする。

2 対象職員の休憩、休息その他勤務条件については、正規の勤務時間に勤務する職員との均衡を失することのないよう考慮するものとする。

(年間予定報告)

第5条 勤務時間のスライドを必要とする業務・事務を行う部署の長(以下「課長等」という。)は、毎年度当初に、概ねの年間予定を「勤務時間スライド予定調書」(別記様式第1号)により任命権者に提出するものとする。

(手続)

第6条 勤務時間のスライドを申請する課長等は、「勤務時間スライド申請書」(別記様式第2号)に業務・事務の内容、時期、期間等を記載し、勤務時間をスライドする日の7日前までに任命権者に提出しなければならない。

(決定又は却下)

第7条 任命権者は、前条の申請を審査し、必要と認めた場合は「勤務時間スライド決定通知書」(別記様式第3号)により、必要と認めない場合は「勤務時間スライド却下通知書」(別記様式第3号)によりそれぞれ通知するものとする。

(職員への明示)

第8条 課長等は、前条の勤務時間スライド決定通知書を受理した場合は、所属職員に当該スライド出勤日の5日前までに当該職員に「勤務時間スライド明示書」(別記様式第4号)により明示するものとする。

(実績報告)

第9条 課長等は、所属職員が行つた勤務時間のスライドについて、その実績を月ごとにまとめ、当該勤務時間をスライドした日の属する月の翌月の10日までに、「勤務時間スライド報告書」(別記様式第5号)を総務課長に提出するものとする。

附 則

この訓令は、平成16年4月1日から施行する。

別表1

勤務パターン

勤務時間

休憩時間

休息時間

早朝パターン

A

5:30~14:00

11:30~12:15

12:15~12:30

B

6:45~15:15

12:00~12:45

12:45~13:00

夜間パターン

C

10:45~19:15

12:00~12:45

12:45~13:00

D

11:45~20:15

17:00~17:45

17:45~18:00

E

12:45~21:15

17:00~17:45

17:45~18:00

正規の勤務時間

8:45~17:15

12:00~12:45

12:45~13:00

時間数

7時間45分

45分

15分

画像

画像

画像

画像

画像

蘭越町職員の勤務時間に関する規程

 種別なし

(平成16年4月1日施行)