○蘭越町臨時職員の退職報償金支給に関する取扱要領

平成24年11月8日

要領第5号

(目的)

第1条 この要領は、蘭越町職員等の定数に関する条例(昭和46年3月17日条例第1号)第1条に定める職員以外のもので、蘭越町定数外職員取扱規則、蘭越町臨時的任用職員取扱規則、蘭越町一般職非常勤職員取扱規則、蘭越町嘱託職員取扱規則に掲げる臨時又は非常勤等の職(以下「臨時職員」という。)の退職報償金の支給に関し定めることを目的とする。

(範囲)

第2条 この要領の適用を受ける臨時職員は、職員として1年以上勤務し、北海道市町村職員共済組合、北海道市町村職員退職手当組合の被保険者として加入していない者をいう。

(退職報償金の支給)

第3条 臨時職員が在職中良好な勤務が認められ、懲戒処分及び失職等の理由で退職する場合を除き、次に掲げる額を退職報償金として支給する。

(1) 勤務年数が5年以上10年未満 20,000円

(2) 勤務年数が10年以上15年未満 30,000円

(3) 勤務年数が15年以上 50,000円

2 町長が特に必要と認めたときは、前項の規定による退職報償金の額に加算して支給することができる。

(その他の事項)

第4条 この要領に定めるもののほか必要な事項は別に定める。

附 則

この要領は、公布の日から施行する。

蘭越町臨時職員の退職報償金支給に関する取扱要領

平成24年11月8日 要領第5号

(平成24年11月8日施行)

体系情報
第5編 与/第2章 給料・手当等
沿革情報
平成24年11月8日 要領第5号