○蘭越町地域会館維持管理費補助金交付要綱

平成24年3月30日

要綱第15号

(趣旨)

第1条 この要綱は、地域住民の福祉の向上及び地域会館の円滑な運営に寄与するため、地域会館の維持管理に要する経費の一部に対し、蘭越町補助金等交付規則(平成16年蘭越町規則第6号。以下「規則」という。)に基づき、予算の範囲内において補助金を交付するために必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この要綱において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

(1) 町内会等 町内会その他これに類する団体をいう。

(2) 地域会館 町内会等が所有し、又は借り受けて管理運営する会館、集会所等で、地域住民の利用に供する建物をいう。

(補助対象者)

第3条 補助金の交付対象者は、自ら地域会館を維持管理している町内会等とする。

(補助金の種類)

第4条 補助金の種類は次のとおりとする。

(1) 運営事業補助金

(2) 補修事業補助金

(補助対象経費)

第5条 補助の対象となる経費は、次に掲げるものとする。

(1) 運営事業補助金

光熱水費等の地域会館の維持管理に必要な経費

(2) 補修事業補助金

地域会館の補修等に必要な原材料経費

(補助金の額)

第6条 補助金の額は、予算の定める範囲内とし、次の各号に規定する基準に従い交付するものとする。

(1) 運営事業補助金

地域会館を管理運営する町内会等に対し、維持管理費として、毎年予算の定める範囲内で町長が定める額を交付する。

(2) 補修事業補助金

地域会館を管理運営する町内会等に対し、補修等に必要な原材料費として、毎年予算の定める範囲内で次の区分により算出した額を交付する。

 その経費が50,000円以下の場合は、その額

 その経費が50,000円を超える場合は、50,000円に50,000円を超える額に2分の1を乗じて得た額を加算した額(その額に1円未満の端数を生じたときは、これを切り捨てた額)とする。ただし、100,000円を限度とする。

(補助金の申請)

第7条 補助金の交付を受けようとする町内会等は、補助金交付申請書に次に掲げる書類を添えて、町長が指定した期日までに町長に提出しなければならない。

(1) 前条第1項第2号に規定する事業にあつては、原材料費を支払つたことを証する書類

(2) その他町長が必要と認める書類

2 前条第1項第2号に規定する補助金の申請は、前項の規定による申請後5年を経過していないときは、これをすることができない。

(補助金の交付決定及び通知)

第8条 町長は、補助金の申請があつたときは、申請書及び関係書類を審査し、補助金を交付するべきものと認めたときは、速やかに補助金交付決定通知書により通知するものとする。

(補助金の請求)

第9条 前条の規定により補助金の交付決定の通知を受けた申請者は、補助金請求書により、町長に請求しなければならない。

(交付決定等の取消等)

第10条 偽りその他不正の手段により、補助金の交付決定を受けた町内会等があるときは、町長は、補助金の交付決定を取消し、又は既に交付した補助金の全部若しくは一部を返還させるものとする。

(補則)

第11条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この要綱は、平成24年4月1日から施行する。

蘭越町地域会館維持管理費補助金交付要綱

平成24年3月30日 要綱第15号

(平成24年4月1日施行)