○蘭越町特別職報酬等審議会規程

昭和47年9月12日

規程第1号

(目的)

第1条 この規程は、蘭越町特別職報酬等審議会条例(昭和44年条例第41号)第6条の規定により審議会の運営に関し必要な事項を定めるものとする。

(庶務)

第2条 本会の庶務は、総務課職員をもつてこれに充てるものとする。

(会議)

第3条 会議の議長は、会長があたるものとする。

2 会議の議事は、出席者の過半数でこれを決し、可否同数のときは議長の決するところによる。

3 会議の内容を明らかにするため次の事項を記録しておかなければならない。

(1) 会議の日時及び場所

(2) 出席委員の氏名

(3) 会議の内容

4 前項の会議録には、議長及び議長が会議において指名する委員2名がこれに署名するものとする。

(意見の聴取等)

第4条 審議会は、必要に応じ、議会の議長、執行期間の委員長は、又は委員並びに町長その他常勤の職員から意見を聴取し、又は資料の提出を求めることができる。

(答申)

第5条 審議会が答申するときは、文書をもつてしなければならない。

2 前項の場合、必要に応じ、少数意見を附してこれをなすことができる。

附 則

この規程は、昭和47年9月11日より施行する。

蘭越町特別職報酬等審議会規程

昭和47年9月12日 規程第1号

(昭和47年9月12日施行)

体系情報
第5編 与/第1章 報酬・費用弁償
沿革情報
昭和47年9月12日 規程第1号