○蘭越町スポーツ推進委員の設置並びに報酬及び費用弁償条例

昭和44年3月4日

条例第8号

(目的)

第1条 この条例は、スポーツ基本法(平成23年法律第78号)第32条第2項の規定により設置する蘭越町スポーツ推進委員(以下「委員」という。)に関し必要な事項を定めることを目的とする。

(定数)

第2条 委員の定数は、11人とする。

(任期)

第3条 委員の任期は、2年とし、再任を妨げない。委員に欠員を生じた場合の補欠委員の任期は、前任者の残任期間とする。

(解任)

第4条 教育委員会は、特別の事情があると認めたときは、委員の任期中でもこれを解任することができる。

(報酬及び費用弁償)

第5条 委員には、この条例の定めるところにより報酬及び職務を行うために要する費用の弁償として旅費を支給する。

2 前項に規定する報酬及び費用弁償の額並びにその支給方法は、別に定める。

(施行細目)

第6条 この条例施行について、必要な事項は、教育委員会規則で定める。

附 則

この条例は、公布の日から施行し、昭和44年4月1日から適用する。

附 則(昭和44年9月18日条例第34号)

この条例は、公布の日から施行し、昭和44年5月10日から適用する。

附 則(昭和45年3月30日条例第10号)

1 この条例は、公布の日から施行する。

附 則(昭和50年3月19日条例第21号)

この条例は、公布の日から施行し、昭和50年4月1日から適用する。

附 則(平成18年3月16日条例第21号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成24年3月14日条例第3号)

(施行期日)

1 この条例は、公布の日から施行する。

(経過措置)

2 改正後の蘭越町スポーツ推進委員の設置並びに報酬及び費用弁償条例(以下「改正後の条例」という。)の施行の際現に体育指導委員である者で、スポーツ基本法附則第4条の規定によりスポーツ推進委員とみなされる者の任期は、第3条の規定にかかわらず、改正後の条例の施行の日における体育指導委員としての任期の残任期間と同一の期間とする。

別表 削除

蘭越町スポーツ推進委員の設置並びに報酬及び費用弁償条例

昭和44年3月4日 条例第8号

(平成24年3月14日施行)

体系情報
第5編 与/第1章 報酬・費用弁償
沿革情報
昭和44年3月4日 条例第8号
昭和44年9月18日 条例第34号
昭和45年3月30日 条例第10号
昭和50年3月19日 条例第21号
平成18年3月16日 条例第21号
平成24年3月14日 条例第3号