○蘭越町職員健康管理要綱

昭和45年11月1日

要綱第1号

(趣旨)

第1条 この要綱は、職員の健康の保持および増進を図るため、労働基準法および地方公務員法の規定に基づき職員の健康管理について必要な事項を定めるものとする。

(衛生管理事務)

第2条 職員に関する衛生管理の事務は総務課において総括処理する。

(衛生管理者)

第3条 蘭越町に衛生に関する事項を管理させるため衛生管理者をおく。

2 衛生管理者は医師である衛生管理者1人および医師でない衛生管理者1人とし、医師でない衛生管理者については職員のうちから選任する。

3 衛生管理者は次の各号に掲げる事項を行なわなければならない。

(1) 健康に異常のある職員の早期発見およびこれに対する措置を行なうこと。

(2) 労働環境衛生に関する調査および研究を行なうこと。

(3) 勤務条件施設等について衛生上の改善を図ること。

(4) 衛生用保護具、救急用具等の点検および整備を行なうこと。

(5) 衛生教育、健康相談、その他職員の健康保持のための計画を立案し、これを実施すること。

(6) 職員の負傷および疾病ならびにそれによる欠勤および移動に関する統計資料を作成すること。

(7) 衛生日誌の記載等職務上の記録の整備を行なうこと。

(8) その他衛生に関すること。

4 医師である衛生管理者は前項のほか健康診断を行わなければならない。

(主任の衛生管理者)

第4条 前条に定める者のほか主任の衛生管理者1人をおく。

2 主任の衛生管理者は他の衛生管理者を指導し衛生管理に関する事項を統轄する。

(課長等の職務)

第5条 課長等管理者の地位にあるもの(以下次条において「課長等」という。)は主任の衛生管理者を補佐し、その管理に属する職員の健康管理について周知徹底を図るとともに当該職場の温度、湿度、換気、採光等に注意し環境衛生の向上に努めなければならない。

(清掃)

第6条 主任の衛生管理者は、期日を定め課長等に通知して庁舎の清掃を実施しなければならない。

(健康診断の実施)

第7条 主任の衛生管理者は、毎年町長の命を受けて職員に対し期日を定めて健康診断を実施しなければならない。

2 前項の規定による健康診断においては、次の項目について検査または検診を行なわなければならない。

(1) 感覚器、循環器、呼吸器、消化器、神経系その他の臨床医学的検査

(2) 身長、体重、視力、色神および聴力の検査

(3) ツベルクリン皮内反応検査、エツクス線検査、赤血球沈降速度検査およびかくたん検査

第8条 職員は、それぞれ指定された期日に健康診断を受けなければならない。ただし、疾病、出張その他やむを得ない事由により健康診断を受けることができなかつた者はその事由が終つた後速かに健康診断を受けなければならない。

第9条 主任の衛生管理者は健康診断を実施したときは、その結果について記録を作成し町長に報告しなければならない。この場合において身心に異常ある職員があるときはこれに意見を附さなければならない。

(伝染性患者発生の措置)

第10条 伝染性疾患による患者が発生したときは、その者が勤務している職員に対して臨時の健康診断を行ない、かつその場所および患者の直接取り扱つていた帳簿等を消毒させなければならない。

(職員の責務)

第11条 すべての職員は、この要綱およびこの要綱に基づく命令指示、その他の措置を遵守し積極的に自ら健康の保持および増進に努めなければならない。

(秘密の保持)

第12条 主任の衛生管理者等健康診断その他健康管理事務に従事し、または関係した者は、心身の欠陥その他職務上知り得た個人の秘密を漏らしてはならない。

(健康衛生管理委員会の設置)

第13条 衛生に関する重要事項について調査審議させ使用者に意見を述べさせるため委員会を設ける。

2 健康衛生管理委員会委員の定数は9名とし任期は2年とする。

3 委員会は次の各号に掲げる者をもつて構成する。

(1) 町長または町長が指定した者1人

(2) 衛生管理者、その他職員であつて衛生に関する知識および経験を有する者のうちから町長が選任したもの

4 町長は前項の者のうち半数は職員組合の推せんにより選任しなければならない。

5 委員会に議長を置き第3項第1号に掲げる者が議長となる。

6 委員会は議長が招集しその議事は出席者の過半数で決する。

7 前項に定めるもののほか委員会の運営について必要な事項は委員会が定める。

附 則

この要綱は、制定の日から施行する。

蘭越町職員健康管理要綱

昭和45年11月1日 要綱第1号

(昭和45年11月1日施行)