○蘭越町職員の勧奨退職取扱要綱

平成13年3月27日

要綱第6号

(目的)

第1条 この要綱は、職員の新陳代謝を促進し、組織の活性化と公務能率の増進に資するため勧奨を行い、効果的な人事管理を行うことを目的とする。

(対象職員)

第2条 勧奨の対象となる職員は、第1号に掲げる年齢に該当し、かつ、第2号に掲げる退職勧奨の理由のいずれかに該当する者で、人事管理上の必要から勧奨を行うことが適当と認められる者とする。

(1) 年齢等

退職時の年齢が55歳以上で、かつ、勤続期間(北海道市町村職員退職手当組合退職手当条例(昭和57年条例第2号)第7条の規定の例により計算した勤続期間をいう。以下同じ。)が20年以上であつて、定年退職日1年前までに退職しようとする者とする。

(2) 退職勧奨の理由

 後進に道を譲るため退職する場合で任命権者が人事管理上必要と認める場合(個別勧奨)

 その他、任命権者が特に必要と認めた場合(希望退職)

(勧奨の時期)

第3条 前条に規定する退職の勧奨は、原則として毎年4月1日から9月30日までの間に行うものとする。

2 前条第2号アにより勧奨を受けた職員は、30日以内に受諾の有無について町長に申し出なければならない。

(退職の時期)

第4条 退職の時期は、勧奨を受けた年度の末日とする。ただし、任命権者が特に必要と認める者、又は特殊な事情のある者であらかじめ承諾の得た者についてはこの限りでない。

(その他)

第5条 この要綱に定めるもののほか必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この要綱は、平成13年4月1日から施行する。

附 則(平成15年2月13日要綱第2号)

この要綱は、公布の日から施行し、平成15年2月1日から適用する。

附 則(平成20年3月26日要綱第13号)

この要綱は、平成20年4月1日から施行する。

蘭越町職員の勧奨退職取扱要綱

平成13年3月27日 要綱第6号

(平成20年4月1日施行)

体系情報
第4編 事/第1章 定数・任用
沿革情報
平成13年3月27日 要綱第6号
平成15年2月13日 要綱第2号
平成20年3月26日 要綱第13号