○蘭越町定数外職員取扱規則

平成4年3月27日

規則第6号

第1章 総則

(目的)

第1条 この規則は、蘭越町職員等の定数に関する条例(昭和46年蘭越町条例第1号)第2条の規定に基づく職員以外の一般職の職員(以下「定数外職員」という。)の任用、給与及び身分等の取扱いに関し必要な事項を定めることを目的とする。

第2条 定数外職員を「準職員(或いは嘱託職員)」と「臨時的任用職員」に区分し、その範囲は次のとおりとする。

(1) 「準職員」 地方自治法(昭和22年法律第67号)第172条第3項ただし書きの臨時職員のうちやや恒常的な職に継続して雇用される職員をいう。

(2) 「臨時的任用職員」 地方公務員法(昭和25年法律第261号)第22条第5項の規定に基づき緊急の場合又は臨時の職に雇用される職員をいう。

第2章 準職員

(任用)

第3条 準職員等の任用は、地方公務員法(昭和25年法律第261号)第17条の規定に基づき正規職員に準じて行う。

2 準職員等の任用期間は6月とする。ただし期間満了の際なんらの通知を行わない限りその任用期間は繰返し更新されたものとする。

3 準職員の職名は、その職務内容にそれぞれ準職員、嘱託職員を附記し任用の際任用期間及び期間満了の際の措置等明記した辞令書を交付するものとする。

4 辞令書の様式は、別記第1号様式とする。

5 準職員を任用する必要があるときは、所属課長等は準職員任用内申書(別記第2号様式)に該当被任用者の履歴書、健康診断書、その他参考となるべき資料等を添付し、町長に内申するものとする。

(賃金)

第4条 準職員の賃金は、別表1に定める月額をもつて支給する。

2 準職員の賃金支給日は、定数内の職員の例に準ずる。

3 準職員が正規の勤務時間に勤務しないときは、その勤務しないことにつき承認があつた場合を除き、その勤務しない時間につき定数内の職員の例に準じて賃金を減額する。ただし、準職員のうち北海道市町村職員共済組合に加入している者で、業務によらない負傷または疾病及び出産にかかる休務の場合は引き続き90日に至るまでの間、給料の100分の50に相当する金額を支給することができる。

4 準職員が現に受けている号俸を受けるに至つたときから12月を下らない期間を良好な成績で勤務したときは、1号俸上位の号俸に昇給させることができる。

(諸手当)

第5条 準職員には、扶養手当を正規職員の例により支給することができる。

2 準職員には、3月1日、6月1日、12月1日(以下この条においてこれらの日を「基準日」という。)にそれぞれ在職する準職員に対して、それぞれ基準日現在において準職員が受けるべき賃金月額及び扶養手当の月額合計に、3月に支給する場合については100分の55、6月に支給する場合については100分の160、12月に支給する場合については100分の200を乗じて得た額にその者の在職期間に応じて、支給割合については定数内職員の例に準じ予算の範囲内で支給することができる。

3 準職員には、通勤手当を定数内職員の例により支給する。

4 準職員のうち特殊業務に従事するものに対し定数内職員の例により特殊勤務手当を支給する。

5 準職員が正規の勤務時間を超えて勤務することを命ぜられたときは、定数内職員の例に準じ超過勤務手当を支給する。

(服務)

第6条 準職員の勤務時間、週休日、休日及び休憩時間については別に定める。

2 準職員の特別休暇の区分及び範囲は別に定める。ただし、業務によらない負傷又は疾病及び出産にかかる休務の期間の保障については第4条第3項ただし書きの規定によることとする。

(年次有給休暇)

第7条 準職員で6箇月以上継続勤務し全労働日の8割以上勤務した者に対して、継続し、又は分割した10労働日の有給休暇を与える。ただし、1年6箇月以上継続して勤務した者に対しては、次の表に定めるところによる。

雇入れ後6箇月を経過した日から起算した継続勤務年数

付与される有給休暇

1年

11労働日

2年

12労働日

3年

14労働日

4年

16労働日

5年

18労働日

6年以上

20労働日

2 前項の休暇は、1労働日を単位として与える。ただし、特に必要があると認めたときは1時間を単位として与えることができる。

(分限及び懲戒)

第8条 準職員の分限及び懲戒は、定数内職員の例に準ずる。

(その他の身分取扱)

第9条 任命権者が、特に必要と認めたときは準職員に対し宿日直を命ずることができる。この場合においては定数内職員の例により宿日直手当を支給する。

第3章 臨時的任用職員

(任用)

第10条 臨時的任用職員(以下この章において「臨時職員」という。)の任用は、臨時的職員雇用通知書(別記第3号様式)を交付して行う。ただし、1箇月以内の任用については、これを省略することができる。

2 臨時職員の任用期間は6月を限度とする。ただしやむを得ない場合に限り6月を超えない期間で更新することができるが再度更新することはできない。

3 臨時職員に対しては、定数内職員及び準職員の任用に関しいかなる優先権をも与えない。

4 臨時職員に任用された者に用いる職の名称は、臨時的任用職員とする。

(賃金)

第11条 臨時職員の賃金は日額とし勤務日数に応じて支給する。

2 賃金は毎月末日をもつて締切り、翌月の10日以内に支給する。ただし、退職したとき又は町長が特に必要と認めたときはこれを変更することができる。

3 賃金日額は、町長が別に定める日額をもつて支給する。

4 臨時職員が自己の都合により遅参又は早退したときは、賃金日額の8分の1の額を1時間当たりの賃金額とし、その勤務しなかつた時間数に乗じて得た金額を減額する。

5 臨時職員が正規の勤務時間を超えて勤務することを命ぜられたときは、準職員の例に準じ時間外割増賃金を支給する。

(勤務時間、その他の勤務条件)

第12条 臨時職員の勤務時間、週休日、休日、休憩時間及び年次有給休暇については準職員の例に準ずる。

(分限及び懲戒)

第13条 臨時職員については、地方公務員法(昭和25年法律第261号)第27条第2項及び第28条第1項から第3項までの規定はすべて適用しない。

2 臨時職員の解雇(本人の責に帰すべき事由による場合及び任用期間満了による場合を除く。)については、労働基準法(昭和22年法律第49号)第20条及び第21条の規定を適用する。

第4章 その他の身分取扱

(旅費)

第14条 定数外職員が公務によつて旅行したときは、蘭越町職員の旅費に関する条例(昭和41年3月25日条例第7号)により旅費を支給する。ただし、特別車両料金は支給しない。

(公務災害補償)

第15条 定数外職員が公務上の事故により負傷し又は疾病にかかつた場合は、地方公務員災害補償法(昭和42年法律第121号)の規定により補償を行うものとする。

(健康保険等)

第16条 定数外職員は、任用の日から健康保険法(大正11年法律第70号)に基づく健康保険、厚生年金保険法(昭和29年法律第115号)に基づく厚生年金保険及び雇用保険に加入させるものとする。

2 前項の職員のうち定数内職員について定められている勤務時間以上勤務した日(法令等の規定により勤務を要しないこととされ、また休暇を与えられた日を含む。)が20日以上ある月が引き続き12月を超えるに至つた者でその超えるに至つた日以後、引き続き当該勤務時間により勤務することを要する職員は地方公務員等共済組合法(昭和37年法律第152号)に基づく北海道市町村職員共済組合に加入させることができる。

(蘭越町職員服務規則の準用)

第17条 第6条及び第12条の規定によるほか、定数外職員の服務の取扱いについては、蘭越町職員服務規則(昭和44年蘭越町規則第12号。以下「職員服務規則」という。)に基づく蘭越町職員の例に準ずる。ただし、職員服務規則第10条の規定は、適用しないものとする。

(補則)

第18条 この規則の定めるもののほか必要な事項は別に定める。

附 則

1 この規則は、平成4年4月1日から施行する。

2 この規則施行の際、現に在職している定数外職員は、この規則に基づき任用されたものとみなす。

附 則(平成7年6月30日規則第14号)

この規則は、平成7年7月1日から施行する。

附 則(平成12年4月5日規則第35号)

この規則は、公布の日から施行し、平成12年4月1日から適用する。

附 則(平成13年3月30日規則第18号)

この規則は、公布の日から施行し、平成13年4月1日から適用する。

附 則(平成16年3月25日規則第9号)

この規則は、平成16年4月1日から施行する。

附 則(平成19年11月30日規則第17号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成20年3月26日規則第16号)

この規則は、平成20年4月1日から施行する。

別表1

蘭越町定数外職員賃金月額表

号俸

1

90,000

130,000

160,000

190,000

220,000

250,000

2

92,500

132,500

162,500

192,500

222,500

252,500

3

95,000

135,000

165,000

195,000

225,000

255,000

4

97,500

137,500

167,500

197,500

227,500

257,500

5

100,000

140,000

170,000

200,000

230,000

260,000

6

102,500

142,500

172,500

202,500

232,500

262,500

7

105,000

145,000

175,000

205,000

235,000

265,000

8

107,500

147,500

177,500

207,500

237,500

267,500

9

120,000

150,000

180,000

210,000

240,000

270,000

10

122,500

152,500

182,500

212,500

242,500

272,500

11

125,000

155,000

185,000

215,000

245,000

275,000

12

127,500

157,500

187,500

217,500

247,500

277,500

画像

画像

画像

蘭越町定数外職員取扱規則

平成4年3月27日 規則第6号

(平成20年4月1日施行)

体系情報
第4編 事/第1章 定数・任用
沿革情報
平成4年3月27日 規則第6号
平成7年6月30日 規則第14号
平成12年4月5日 規則第35号
平成13年3月30日 規則第18号
平成16年3月25日 規則第9号
平成19年11月30日 規則第17号
平成20年3月26日 規則第16号