○蘭越町総合計画審議会条例

昭和49年3月20日

条例第3号

(設置)

第1条 蘭越町の住民に直結した民主的行政を実施するために、住民生活を根底にした経済政策を中心に地域開発の飛躍的上昇を図るとともに、社会、文化等に関する施策の総合的見地から蘭越町総合計画を樹立しその完遂を期し、新しい情勢に適応した住民の要望に応えるため、町長の付属機関として、蘭越町総合計画審議会(以下「審議会」という。)を設置する。

(所掌事項)

第2条 審議会は、町長の諮問に応じて蘭越町総合計画につき審議し、または意見を具申するものとする。

(組織)

第3条 審議会は、委員若干人をもつて組織する。

2 委員は、学識経験者のうちから町長が委嘱する。

3 委員の任期は、1年とし、補欠委員の任期は、前任者の残任期間とする。ただし、再任を妨げない。

(会長および副会長)

第4条 審議会に、会長および副会長を置く。

2 会長および副会長は、委員の互選による。

3 会長は、審議会を代表し、議事その他の会務を総理する。

4 副会長は、会長を補佐し、会長に事故あるときは、その職務を代理する。

(会議)

第5条 審議会は、会長が招集する。

2 審議会は、委員の半数以上の委員が出席しなければ、会議を開くことができない。

3 審議会の議事は、出席委員の過半数で決し、可否同数のときは、会長の決するところによる。

(委任)

第6条 この条例施行に関し、必要な事項は、町長が定める。

附 則

この条例は、公布の日から施行する。

蘭越町総合計画審議会条例

昭和49年3月20日 条例第3号

(昭和49年3月20日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 長/第11節 附属機関等
沿革情報
昭和49年3月20日 条例第3号